フリーランスITエンジニアの求人・案件トップ › 年収1,000万円オーバーのエンジニアになるための自己投資とは1

年収1,000万円オーバーのエンジニアになるための自己投資とは

年収1,000万円を超えるエンジニアになるためにフリーになった
ここからが年収をUPさせる正念場になるだろう

フリーランスとして年収をUPさせるには、より自分の価値をあげる必要があります。

それも自認できるだけではなく、「対外的に価値がアピールできるもの」でなければ意味がありません。

ここでは年収1,000万円以上を稼ぐエンジニア職の職種から、その職種に求められる素質、取っておきたい資格やその学びの方法について解説していきます。

稼げるエンジニアになるための情報が詰まった内容になっているので、目を通してみてください。

年収1,000万円を稼ぐITエンジニアとは?

年収1,000万円を稼ぐイメージ

年収の高いエンジニアというと真っ先に出てくるのは「ITコンサルタント」でしょう。

その認識はどこまで正解なのか、以下データをご参照ください。

  • 上級コンサルタント 1,024万円
  • 部長職 969万円
  • システムマネージャ 802万円
  • 課長職 778万円
  • 中級コンサルタント 750万円

ITコンサルと言えば高収入のイメージですが、中級コンサルではまだまだ大台には届かず750万円が平均となっています。

部長職や上級コンサルタントになってやっと1,000万円ほどの年収が平均となる点は興味深いですね。部長職や上級コンサルタントになってやっと1,000万円ほどの年収が平均となる点は興味深いですね。

ITコンサルタントとは 上級コンサルとは何か

「ITコンサルタント」という職業は「企業の経営課題をクリアにする」ことが最大の目的です。

そのための解決策を導き出し、そのためのシステムの開発に至るまで請け負う職業。

ITに関する知識だけでなく、依頼されるさまざな業種に対応する為、幅広い知識も求められます。

業務の規模と収入額に応じた高度なスキルが求められ、年収UPのためには確実なスキルアップが必要です。

「上級コンサルタント」がさす職業とは、(同じくITコンサルタントの)アナリストやコンサルタントの成果チェックなどを行う、プロジェクト全体の総括役を担う立場です。

作業計画を作成し、全体的な開発計画の進捗度合い・品質の管理も行います。

関係者(クライアント・開発担当者など)との調整を行い、その対応も行うマネージャのような存在です。

年収1,000万円超えの上級コンサルタントに求められる資質

年収1,000万円を超えるには部長職や上級コンサルタントになるべし、ということが分かったところで、上級コンサルタントになるために必要なものは何かということを抑えてみましょう。

  • 各分野のIT技術職に対する知識
  • 問題解決に必要な論理的思考力
  • 大人数の技術者をまとめることのできる協調性
  • 対外的なプレゼン能力
  • 案件を同時進行する能力

上級と呼ばれるまでのコンサルを目指すうえで欠かせないのが以上の要素です。

現場で動く各担当者をまとめつつ、クライアントの要望をしっかりくみ取り問題を解決する、そのためのシステムを開発して提供するのが職務。

求められる素質も技術力的な面ばかりではなく、人とと接する能力、人に伝える為の能力もかなり求められるという点も重要です。

【次ページ】年収1,000万円稼ぐ上級コンサルを目指す自己投資

気になる求人案件リスト0件)
最近見た求人案件
column
pマーク
フォスターネットは「プライバシーマーク」使用
許諾事業者として認定されています