フリーランスITエンジニアの求人・案件トップ › 20~30代がフリーランスITエンジニアで年収1000万円を目指すには1

20~30代がフリーランスITエンジニアで年収1000万円を目指すには

フリーランス人口の増加に伴い、20代や30代からフリーランスで案件を受注し高収入を目指す方も増えています。実力主義でありフリーランスへの転向も容易、加えて年収1000万円も目指せる職種として「ITエンジニア」は人気の高い職種です。
弊社フォスターネットでもフリーランスITエンジニア向けに案件を紹介していますが、中には高額案件が散見されます。こういった案件を取得して、20代や30代のうちから年収1000万円のフリーランスITエンジニアとして活躍するためにはどのような方法があるのでしょうか。
この記事ではフリーランスのITエンジニアとして年収1000万円以上を得るためのスキルや求められる能力について解説します。

フリーランスエンジニアの特徴とは

フリーランスエンジニアイメージ

フリーランスを日本語に訳すと「自由業」となりますが、フリーランス協会が定める定義としては「特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人」とされています。
しかし、その実態には様々な解釈があり、一概に「自由な働き方」とは言えないのです。
確かにどの仕事を請け負うか、いつ業務を始めるのか、といった「働き方」については非常に自由な反面、生活が安定しなかったり、事務や税務手続きを自分で進めなければならなかったりというフリーランスならではの不自由な点も存在します。

また、どのような業種・職種でフリーランスになるのかによっても報酬額や人足、必要なスキルなど細かな状況は異なるので、一概に「フリーランスは自由だ」とは言い切れません。

そこで、まずはフリーランスのITエンジニアにはどのような特徴があるのか、詳しく理解することから始めるのがおすすめです。さらに、20代と30代では有している資格やスキル、経験年数も異なるので、それぞれに分けて解説していきます。

20代のフリーランスエンジニアの特徴

20代でフリーランスのITエンジニアとして活躍する方も少なくありません。
しかし、20代のうちからフリーランスの案件から得られる報酬のみで生計を立てられる方はそう多くありません。フリーランスは大きく「本業型フリーランス」と「副業型フリーランス」に分けられますが、20代のうちから本業型フリーランスとして独立できる方は少数派です。

社会保障や所得を正社員雇用されている方と同等に揃えようとすると、少なくとも月の売上は30万〜40万円ほどを維持しなければなりません。
年商にすると最低でも360万円ですが、先ほども紹介したとおり税務・事務作業に加えて営業活動などにも時間を割きながらこの金額を得るためには、2通りの方法があります。

  • 高単価の案件を受注し、人足を割いてコミットする
  • 低単価の案件を多く受注し、1案件に割く人足を減らしながら処理していく

いずれのスタンスを取るにしても、まずは営業活動をスムーズに進めなければならないので、実績や経験が不足しやすい20代のフリーランスにとっては営業活動が鬼門となるでしょう。

そのなかで成功している方も存在しますが、20代でITエンジニアの職に就いている方の多くは独立・起業志向を持ちながら企業へ属し、実績や経験を積んでいます。
この間に得た実績や経験が下積みとなり、独立後の営業活動に大きく貢献してくれるのです。

また、厚生労働省とフリーランス協会が発表しているフリーランス白書によると、

”フルタイムフリーランスの年収(月の平均勤務時間が 140 時間以上の人)のボリュームゾーンは 300~500 万円であり、年収分布は会社員のパネルとさほど変わらない。”

会社に属している方とフリーランスの年収にはさほど開きがないことが示唆されています。また、フリーランスの年収が個人の能力に強く由来する証左として、

”フルタイムフリーランスに絞った場合でも、年収 100 万円未満と 800 万円以上の割合はフリーランスの方が多く、会社員と比較して年収のバラつきは大きい。”

と記されています。
これを好意的に読み取ると、20代であっても年収1000万円を超えるフリーランスのITエンジニアになる可能性はある、と言えるでしょう。
ただ、そのためには他のフリーランスや企業との差別化を図ったり、自分を売り込む営業力を身につけたりといった点にも注意を払わなければならないのです。

30代のフリーランスエンジニアの特徴

20代に比べると、30代でフリーランスのITエンジニアとして活躍している方は多く、2019年版のフリーランス白書によれば、20代のフリーランスは全体の10%程度であるのに対し、30代は40%程度と全体の中でも最も割合の多い年代となっています。

この背景として考えられるのは、先ほども紹介したとおり実績や経験の差でしょう。
基本的にIT企業がシステムの開発や保守といった案件を請け負った際は、その業務を細分化して社員それぞれに分け与えます。企業に属して間もない方や若手社員はどうしても自分が担当する範囲で精一杯になり、案件全体に目を向けたり、効率化したりする方法が分かっていないことも多いのです。
30代の方はこういった経験を積んでいたり、SEやPMとしての経験を経ていたりすることが多いので、案件の受注から生産、納品までのフローが理解できています。加えて、その中で自分の強みや弱みが見えていれば、フリーランスとして独立した際に何を専門にすればよいのかが分かるでしょう。

こういった実績や経験がフリーランスとして独立する際の不安や不足を埋めてくれるので、30代がフリーランス全体の割合を大きく占めていることにも納得できます。

また、フリーランス白書によると、

”仕事はどのようなところから見つけますか。 直近 1 年間で仕事獲得に繋がったことのある選択肢をすべてお選びください。”

との質問に対して最も多かった回答が「人脈」でした。
次点で「過去・現在の取引先」となり、その次が「自分自身の広告宣伝活動」です。
30代でフリーランスのITエンジニアになった方の特徴として、こういった「潜在クライアント」との繋がりを多く持っていることが挙げられます。

何度も顔を合わせる取引先の担当者や同僚、上司、業界関係者などとの繋がりを多く持っていれば、独立するとなった際にその人達が案件を渡してくれる可能性が高まるのです。そして、30代のエンジニアには過去の実績や経験が備わっているので、安心して案件が流せるという背景も存在します。
広告宣伝については、自分で自分の強みや弱みを理解していることが大前提ですが、付随して対外的にアピールできるプロジェクトに携わっているとさらに営業活動がしやすくなるでしょう。

30代までエンジニアを続けてきた方であれば、大きい案件ではなくとも、様々なプロジェクトに携わってきたのではないでしょうか。それらを紐解いて、アピールしやすい形に直して発表すれば、広告宣伝を通して営業活動を成功させることも可能です。

フリーランスエンジニアが年収をアップさせるために

フリーランスのITエンジニアと年代について理解したところで、年収をアップさせるためにはどのような施策が有効なのか見ていきましょう。

フリーランス白書が発表している年収分布によると、年収1000万円以上を稼ぐフリーランスは全体の9%程度です。非常に狭き門ではありますが、年収をアップさせるために必要な手法というのはある程度確立されています。
それぞれの年代に分けて、必要な心構えや身につけるべき能力について見ていきましょう。

20代のフリーランスエンジニアが年収1000万円を稼ぐには

20代でフリーランスとなったITエンジニアにおすすめなのが「ビジョンの再定義」です。
フリーランスになる理由は人によって異なりますが、フリーランスが悩む理由はほとんどが共通しています。貯蓄や結婚、社会保障、スキルアップなどはよく聞く悩みですが、これらは全て「未来」についての内容です。企業に属している方も未来については悩みますが、フリーランスほど強烈な不安に襲われることはないでしょう。
なぜなら現状の雇用が確立されており、急に賃金が0円になる不安も感じなくて良いからです。フリーランスはこの不安を背負いながら進む働き方なので「どのようにこの不安を昇華するか」が大切になります。

そこで、「ビジョンの再定義」を行うことがおすすめなのです。
なぜフリーランスになりたいと思ったのか、どのような結果が得られれば満足なのか、10年や20年先でどうなっていたいのか、といった問いを明確にしていかなければ、不安はずっとつきまといます。

まずは求めているゴールを定義し、次に自分の現状を正しく把握しましょう。
その上で、不足している知識や経験、積みたい実績などを明文化し、今後の方針を立てていきます。

例えば「今はJavaのコーダーとして案件を受注しているけれど、ゆくゆくは自分でシステム開発から携わりたい」と考えているのであれば、少しでも開発工程の上流から携われる案件に応募すべきです。
フリーランスは誰かに育ててもらえる生き方ではないので、自分で自分のゴールを設定し、そこまでの道のりも見出していかなければなりません。

20代のうちにその作業を行わないと、30代になってから迷ったり、スキル不足に苦しんでしまうでしょう。

また、周囲との差別化を図るタイミングとしても20代がベストです。
現在はまだ黎明期であるAIやブロックチェーンなどの技術を早いうちから学んでおき、どのような形であっても関わり続けておくようにしましょう。
それらの技術がさらに必要になった際に第一人者となれれば、年収1000万円を大きく超える収入を得ることも可能です。
これは先見の明を用いて未来に投資する話でしたが、現在に置き換えても差別化は非常に大切な考え方となります。
JavaやPHP、Rubyなどの言語はITエンジニアの母数が大きく、どうしても競争に巻き込まれてしまうでしょう。
そのぶん生き残りやすいという利点もありますが、もし競争を飛び抜けて年収1000万円を目指すのであれば、「クライアントがあなたに依頼する理由」を明確にし、クライアントへメリットとして提示なければなりません。

そのための問いは「なぜクライアントは並み居るフリーランスや企業ではなく、あなたに案件を依頼するのか」です。
この問いにどう答えるか、どう答えたいかは千差万別ありますが、この問いがあなたの未来を築く指針になり、年収アップへの道筋を示してくれるでしょう。

30代のフリーランスエンジニアが年収1000万円を稼ぐには

30代のフリーランスITエンジニアは、様々な経験やスキルを兼ね備えているため重宝されやすい立場にあります。
そのため、市場によってはむしろ「案件を選ぶ側」に立っている可能性もあり、どのような基準で案件を選べばよいのか迷う方も少なくありません。

そこで基準として考えて欲しいのは「高収入をどのように実現するか」という点です。
まず、フリーランスに設けられた制限は

  • ひとつの案件から得られる報酬には限りがある
  • 生産と営業、事務、経営を一人でまかなわなければならない

以上の2点です。
この中で年収1000万円を獲得しようと考えると、必然的に「高額案件を受注し、素早く生産する」という手段しか選べなくなるでしょう。

そこで提案するのが「考え方をシフトする」ということです。
つまり、フリーランスに課せられた制限を排除し、より効率的に収入を増やすための考え方と手段を獲得することをおすすめします。

まず、1案件から得られる報酬を増加させることは難しいことですが、フリーランスには単価交渉を行う権利があるのです。
一方的な単価アップの打診は不義理な行為ですが、クライアントが「単価がアップしたとしても依頼したい」と思うような付加価値を提供できれば、単価アップの交渉はスムーズに進むでしょう。
クライアントの立場に立って考えてみると、どのような付加価値を提供すれば喜ばれるのかが見えてきます。それらを付け加えれば「単価を上げてほしい」という要求も通りやすくなるでしょう。

また、生産や営業、経営を一人でまかなうのがフリーランスの基本ですが、誰かに依頼してはならないという決まりがあるわけではありません。
再委託にはクライアントの承諾が必要な場合が多いですが、例えば大規模案件を受注した際など、納期を早めて品質を確保するためにも再委託が許可されるケースは少なくないのです。
こういった案件を受注すれば、様々な人の手を借りながら案件を消化していけるので、効率化を図ることも可能でしょう。
また、事務作業に割く時間がネックになっている場合は誰かに外注して任せてしまうのも有効です。

30代のフリーランスITエンジニアが年収1000万円を獲得するには、卓越したスキルも大切ですが、何より「効率化」がキーワードになるでしょう。
いかに自分のパフォーマンスを最大化するのか考えて、自分という企業を経営する感覚を養うことが大切です。

【次ページ】若手のフリーランスエンジニアに求められるスキル

気になる求人案件リスト0件)
最近見た求人案件
column
pマーク
フォスターネットは「プライバシーマーク」使用
許諾事業者として認定されています